About

微速度撮影(タイムラプス)専門のフォーマルハウトです。

フォーマルハウト(中国名:北落師門)は、南の魚座の一等星の名前ですが、秋の夜空にポツンと寂しく輝いています。そんなポツンと輝いているフォーマルハウトが好きで、名前をお借りしています。私たちの主な撮影は星風景、星景写真の動画版です。 私たちFomalhautのスタートは、ニュージーランドでの1986年のハレー彗星の撮影(16mmフィルム撮影)でした。以来、35mm映画カメラで空の動きの微速度撮影を続けてまいりました。 すばる望遠鏡建設記録映画『未知への航海』やビデオ『ようこそ国立天文台へ』のオープニングカット”鹿島槍ケ岳に沈むヘールボップ彗星”、星の文人『野尻抱影』などは、35mmフィルムでの撮影でしたが、今ではすべてデジタルカメラでの撮影に変わりました。教育ビデオやプラネタリウム映像などの、星空の動画、四季の星座の動き、天体ショー(流星群、彗星、食など)、月の出、月の入り、月の形と動き(満月の一晩の動きなど)、太陽の1日の動きなどを撮影しています。フィルム時代には「フィルムひとコマは血の一滴」と言われていたぐらい 貴重なワンフレーム、ワンカットでした。今ではデジタルカメラで気楽に撮影できるようになりましたが、私たちの撮影スタイルはフィルム時代とほとんど変わりません。現在も微速度撮影と同じように、インターバルをとりながらスローペースでじっくりゆっくり撮影を続けています。

Personal Info

  • フォーマルハウト京都
  •  Hozuicho Kamigyoku Kyoto JAPAN
  •  京都市上京区鳳瑞町
  • フォーマルハウト新潟
  •  Yuzawa Minamiuonuma Niigata JAPAN
  •  新潟県南魚沼郡湯沢町
  • info★bisoku.com
  • bisoku.com
  • Fomalhaut Gallery Site

Timelapse

03

微速度撮影

微速度撮影(コマ撮り、コマ落とし)とは、被写体の動きを実際よりも速く見せるための撮影方法です。1枚1枚一定の時間間隔をとりながら撮影したフレームを連続で(映画は24コマ/秒、ビデオは30コマ/秒)再生します。たとえば星の動きは非常にゆっくりで、じっとその動きを見ているのはとても無理ですが、微速度撮影すると、北極星のまわりを円を描くように回っているのが良くわかります。雲の動きも同様に、どこから雲ができてどこで消えているのか等おもしろいことがいろいろ見えてきます。..
01

天空の動き

通常の時間感覚では捉えにくい動きを映像化する方法です。朝明けや夕暮れは空の色が水色から青色、紺色そして黒へと変わっていくのがきれいですし、夕焼けの赤く焼けていく様子も良く分かります。低い雲から赤くなり始めつぎに高積雲が赤くなり、そして太陽が沈んでからしばらくして一番高い巻積雲が真っ赤に焼けてゆっくりと暗くなっていくという約1時間のドラマを時間を縮めて見ると感動的です。これが微速度撮影です。..
02

ダイナミズム

映画が誕生したときからある使い古された手法ですが、微速度撮影による映像表現はまだまだ健在です。CG合成でどんな映像でも作れるようになった今、時代に逆行しているような撮影方法ですが、実写映像のすばらしさは言うまでもありません。すべて意図された完璧な合成の映像と比べて、実写映像はなぜか繰り返し見ても飽きないと思います。特に星、月、太陽、雲等の空を舞台にした動きのあるドラマはダイナミックです。..

Contact

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

◆自動送信メールをご確認ください。 このメールフォームからご送信いただくと、自動送信メールが届きます。もし、自動送信メールが届かない場合は、メールアドレスのご記入ミ スまたは何らかの間違いが考えられます。その場合、私どもからの連絡ができませんので、ご送信後に届く自動送信メールをご確認ください。 ◆お問い合わせの方のプライバシーについて このメールフォームからご連絡いただきましたお名前・ご住所 ・お電話番号・電子メールアドレス等の個人情報は、ご送信者様との連絡を行うために必要な範囲内でのみ利用させていただきます。

Independence

「天空を刻む」

古代の遺跡の前に立つとき、人はそれが命をもっていた時代に思いを馳せ、そのつぶやきに耳を傾け、往時の空気を感じることができる。人と時代は、めまぐるしく移り変わってきた。しかし、それらをとりまく天空は今も変わらない。太陽も月も星も悠久の流れをもって、ゆっくりと巡り、時を刻み、過去、現在、未来をつないで輝きつづけている。この映画は天体の動きや輝きの中で、古代の遺跡を現代に甦らせてみようという映像的な試みである。微速度撮影でとらえた満天の星や三日月の淡い光は、遺跡を照らしだしながら古代人の見たであろう光景を現代の忙しい日々に追われている我々にかいま見せてくれる。星、月、太陽、雲のダイナミックな動きのなかに日常の時間感覚から解放されたあるリズムを感じとることが出来る。天空のロマンは現代、そして未来へと続く、、、、、、   「遺跡と星、月に照らされた遺跡、遺跡と太陽、遺跡と雲、遺跡での朝日、夕日、等、吉野ヶ里遺跡(佐賀県)、石舞台古墳(奈良県)、岩戸山古墳(福岡県)五色塚古墳(兵庫県)、大湯環状列石(秋田県)、オブサン古墳(大分県)尖石遺跡(長野県)、岩戸山古墳(福岡県)、、、、、日の岡古墳(福岡県)(装飾古墳石室内部を再現して撮影)。」
天空を刻む01
天空を刻む02
天空を刻む03
TOP